ゲームレビュー

面白いサッカーゲームアプリを探している人へ【本音で評価します!】

先日、アプリストアを眺めていたときに、ふとこんな思いが脳裏に浮かびました。

もしかしたら、ウイイレ以外にも面白いサッカーゲームがあるのかもしれない

いや、ウイイレ(ウイクラ)はもちろん大好きですよ!

なんでこんなにやっても飽きないんだろうと自分でも不思議なぐらい毎日毎日やりまくっていますからね。

ただ、私がウイイレと出会ってから15年。

サッカーゲームといえばウイイレ

ウイイレこそがサッカーゲームの王様

一時、FIFAと浮気をしたこともありましたが、やっぱりウイイレの方がしっくりくる。

そんなウイイレ廃人の私ですので「ウイイレ以外のゲームをやりたい」とか「ウイイレ以外にも面白いサッカーゲームがあるのかも」なんて考えたこともありませんでした。

でも、知らないだけで世の中には面白いサッカーゲームが沢山あるのかもしれませんよね!

 

というわけで

アプリストアで見つけたサッカーゲームアプリをサカゲーブログ管理人の私が片っ端からプレイして本音で評価していきます!

※あくまでもウイイレ歴15年のウイイレ廃人による個人的な評価となります。

ウイイレ以上のサッカーゲームがあるとは思いませんが、どんなゲームがあるのかちょっとだけ楽しみでもあります。

プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド

プロサッカークラブをつくろう!

まずは「サカつく」の愛称でお馴染みのプロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド」です。

ウイイレの第一作が発売されたのは1995年、そして、サカつくの第一作は1996年。

サッカーアクションとサッカーシミュレーションの違いはあれど、同じサッカーゲームというカテゴリーでしのぎを削ってきたウイイレの影のライバルともいえる歴史のあるタイトルです。

昔はCMでもガンガン放送されていましたので、私の周りでもサカつくユーザーは結構いましたからね。

ちなみに、私も友人に誘われてサカつくにどっぷりとヤバいくらいハマっていた時期があります。

過去のサカつくパッケージ画像

どれくらいハマっていたかというと

①目を覚ましたらサカつくを始める

②一歩も外に出ずにサカつくをやり続ける

③眠くなったら横になってサカつくをやり続ける

④気を失うまでサカつくをやる

①に戻る

こんな生活を数日間繰り返すぐらいハマってしまっていました。

そして光プレイが発動するたびに「光ったー!!」「光ったよー!」と友達にメールを送るというダメ人間の極みのような生活を送っていたことがあるのです。

幸い、この「サカつく病」は数週間で完治しましたので大事にはいたらなかったのですが、あのままハマり続けていたらどうなっていたのか自分でも怖くなります。

それ以来、サカつくには手を出していません。

ウイイレの新作が発売されたときにサカつく熱は冷めてしまったんですよね。

でも、選手を育成してチームを強くしていく過程での興奮は今でも忘れていません

あれから十数年ぶりのプレイとなるサカつく。

どれだけ進化しているのかという期待と、またハマったらどうしようという不安を抱きながらダウンロードしてみました。

サカつく! - プロサッカークラブをつくろう!RTW
サカつく! – プロサッカークラブをつくろう!RTW
SEGA CORPORATION無料posted withアプリーチ

スマホ版のサカつくをやってみた最初の印象

サカつくイメージ画像

久しぶりにやってみたサカつく。

女性秘書の説明を眺めながら「この感じ懐かしいな~」と当時の記憶が蘇ってきました。

やはり、サカつくといえば女性秘書。

ウイクラだったら数行のテキストで済んでしまうような説明でも、サカつくでは可愛い女性秘書が一生懸命話しかけてくれるのです。

サカつくの秘書画像

優勝すると一緒に喜んでくれて、クラブに問題が発生すると悲しい顔になる女性秘書。

この演出がウイクラに慣れてしまった私には鬱陶しくも感じるのですが、ゲームを進めていくうちに、最初は鬱陶しかった女性秘書や選手達の会話が楽しめるようになってくるから不思議です。

そう、この試合以外の部分での演出こそがサカつくの魅力であり、サカつくにハマるかハマらないかを分ける重要な要素なのだと私は思うのです

・チーム内でライバル選手の活躍を妬む選手がいたり

・調子が悪いと落ち込む選手がいたり

・成長を感じるとアピールをしてくる選手がいたり

・選手間で励まし合って連携が高まったり

・試合前にサポーターが気合を入れてきたり

このような試合以外でのドラマを感じることにより、選手に感情移入をしてチーム作りを本気で楽しめるようになると一気に面白くなるのがサカつくです。

そして、これこそがサカつくにあって、ウイクラには無いハマり要素の一つなのかなとも思います。

育成型サッカーゲームを本気で楽しむために必要なこと

サカつくやウイクラのような育成型のサッカーゲームをやっていると、日程を進めて選手の成長を優先するあまり、作業っぽくなってしまうことがありませんか?

また、能力の高い選手を獲得したときに、今までレギュラーで起用していた選手をあっさりと放出して入れ替えたとしても、特に何も感じなかったりもしますよね。

ただ、そんな感じで淡々とゲームを進めていると、きりがないというか「何を目標として、どこに向かっているんだろう」と我に帰ってしまう瞬間が私にはあるのです。

クリアすべき目標があり、ゴールがハッキリとしているRPG系でしたら、その作業にも意味を見いだせるのですが、シーズンを繰り返していくだけのサッカーゲームだと終わりがありませんからね。

ですので、育成型のサッカーゲームに必要になってくるのが(試合自体はもちろんですが)試合以外の面での育成、移籍に関わるドラマ、ストーリー性。

それによって生まれる「思い入れ」だと思うのです。

その「思い入れ」を感じることで、選手を獲得してからの育成、成長がより楽しめますからね。

今作のサカつくにも「思い入れ」を高められるような演出が揃っているのでハマるユーザーも多そうですね。

今作のサカつくには年齢という概念がありません

サカつくの中田英寿画像

以前、ハマりまくったサカつくには年齢による成長、引退があったのですが、今回は年齢が加算されることがありません

最初は気付かなかったのですが、年齢が増えない育成型サッカーゲームというのも驚きですね。

これは選手をゲーム内の移籍で獲得する従来のサカつくスタイルではなく、ガチャ(課金含む)で選手を獲得するシステムならではの選択なのだと思いますね。

ウイクラには引退した選手を使える「殿堂チーム」というシステムが途中から導入されたことにより「課金して獲得した選手が引退して使えなくなる問題」をクリアしましたが、今回のサカつくでは「年齢がないので引退もない」という大胆な方法を選んだようです。

これにより「好きな選手をずっと使い続けられる」というメリットがありますね

私が大好きな中田英寿が実名で登場していますので、もし獲得出来たらチームの柱として使い続けられるので嬉しいことです。

ただ、年齢による引退がないということは、チーム作りの面での面白さが減ると感じるユーザーもいそうですね。

また、同じ選手を使い続けられるということはメリットでもあり、マンネリを招くデメリットにもなりそうです。

この部分はユーザーによって好みが分かれそうですね。

選手、チーム、監督は実名と架空が入り混じっています

サカつくの久保竜彦画像

海外リーグの現役選手は実名、引退している有名な選手はそれっぽい架空ネーム(ピルラとかオーフェンなど)、日本代表の一部は実名、監督はそれっぽい架空ネーム(カペーロ、レッピなど)、引退した日本代表の一部は実名、チームはそれっぽい架空ネーム(ユデントス、ASミラノw、ACローマw))と

ゲーム全体に実名、架空が入り混じっています。

リネームはできませんので、架空ネームだと興醒めするという本格志向の人にはちょっと厳しそうですね。

2.5等身の可愛らしいキャラデザインも本格サッカーゲームを求めるユーザーには受けが悪そうですので「ライトな感覚でサッカーゲームを楽しみたい層」をターゲットにしているのだと思いますね。

でも、序盤にいきなり登場するのが、ドラゴン久保竜彦です

ライトな感覚でサッカーゲームを楽しみたい層には絶対に受けが悪い、というか、ドラゴン久保を知らない世代も多そうですが・・・

私のようなオールドサッカーフリークにはたまりません!

2.5等身なのが残念ですが、顔もばっちりドラゴンです。

ドラゴン久保を育てたいし、中田ヒデも獲得したい」という世代も多いと思いますので、幅広いターゲットを狙っているのかもしれませんね。

リアルタイムで楽しめる試合画面の出来栄えは?

サカつくのゲーム画像

育成型サッカーゲームといえども、試合画面の面白さは絶対に必要ですよね

十数年前にハマったサカつくは、バリエーションの少ない紙芝居のような画で試合経過を見れるだけだったのですが、今作はリアルタイムで試合を楽しめるスタイルです。

ちなみにカメラ視点は4種類

・ノーマル(いわゆる普通の視点)

・ミドル(観客席から観ているような視点)

・ダイナミック(アップに寄った視点)

・スパイダー(上空からの視点)

今作のサカつくが斬新なのは、サッカーゲームなのに縦画面ということ

サカつくのゲーム画像2

当然、画面に映り込むスペースは狭くなりますのでチーム全体の動きを確認するというよりも、ボールに近い局面での動きを見て楽しむ作りになっています。

ただ、2.5等身の選手達がワイワイと動き回る試合はウイイレやFIFAに慣れたユーザーには少し抵抗があるかもしれませんね。

もちろん、フォーメーションや戦術の設定も出来ますし、試合中はフォーメーションの沿った動きをしているようですが、ウイイレ(ウイクラ)のような細かい戦術設定があるわけではありませんので本格志向のユーザー向けの試合画面ではありません。

ただ、上空からの視点はW杯で話題になったNHKアプリの戦術カメラを観ているような感覚にもなって面白いです。

サカつくの上空からの視点画像

あくまでも、試合中に選手の細かい動きを確認するのではなく、「育成した選手の光プレイを楽しむ」のがサカつくの正しい遊び方なのかもですね

思い入れを込めて育成した選手が光プレイで大活躍したときは興奮しますからね!

また、試合終了後の採点コメントは選手の活躍を確認出来るので何気にポイントが高いと思います。コメントのもっとバリエーションが増えたら、さらに最高です。

自分の顔を撮影して選手を作りゲームの中で使えます

スマホ版ならではの楽しみ方として「フォトつく」という機能が用意されています。

この機能はスマホのカメラで自分を撮影して、その画像を使った選手をゲームの中に登場させることができるのです

画像は自分を撮るのはもちろん、アニメのキャラを撮影したりも出来ますので、自分だけのオリジナルキャラをサカつくの中で活躍させて楽しめるのです。

こういうのが好きな人にはたまらない遊び心のある機能ですね。

フォトつくイメージ画像

私も試してみましたが、悲しい出来栄えになってしまったのでダーヴィッツ風のゴーグルをかけてみました。

サカつくのレビューまとめ

久しぶりにサカつくをじっくりプレイしてみて、サカつくの面白さを感じると同時にウイクラの面白さも再確認できました。

やはり、サカつくの一番の魅力は「選手の育成」「育成した選手の活躍」そして「それにともなうドラマ性」に尽きると思います

登場する選手達の心の動きを追っていると、その選手への思い入れが深まりますからね。

それが好きな選手だったら、さらに思い入れが深まって育成のしがいを感じます。

 

ただ、試合自体の面白さや深みは長年のウイイレで培ったノウハウを持つウイクラのが上かなという印象でした。

サカつくとウイクラの良い部分だけを合体させたら最高のサッカー育成型シミュレーションゲームになるのかも

なんて妄想もしてみましたが・・・スマホのアプリでは容量の問題がありそうですよね。

ですので

細かい戦術や試合中の動きを脳内補完して楽しむのがサカつく

ローカールームでのドラマを脳内補完して楽しむのがウイクラ

なのかもですw

 

でも、育成型サッカーゲームのパイオニアとして「サカつくにしかない魅力」が溢れるアプリとなりますので

選手の育成をするのがサッカーゲームの醍醐味という方

でしたら間違いなく楽しめそうですよ!!

 

サカつく! - プロサッカークラブをつくろう!RTW
サカつく! – プロサッカークラブをつくろう!RTW
SEGA CORPORATION無料posted withアプリーチ

会社 SEGA CORPORATION
サイズ 201.4MB
カテゴリー サッカー育成シミュレーション
OS iOS8以降/Android OS4.2以降
価格 無料(一部アイテム課金あり)

 

■サッカー育成ゲームと美少女が好きな方にはこちらがオススメです!
サカゲー歴15年がハマる【ビーナスイレブンびびっど】評価&レビュー

ABOUT ME
コバヤス

名前:コバヤス

属性:妄想好きの変態ゲーマー

好きなゲームジャンル:ストラテジーゲーム、サッカーゲーム

辛口で選ぶストラテジーゲームおすすめTOP3!
こちらをクリック
辛口で選ぶストラテジーゲームおすすめTOP3!
こちらをクリック